夫の借金癖が招いた離婚危機

夫は借金に対する罪悪感がなく、もう何年も借金を繰り返していました。

やっと貯めたお金を返済にまわしても、その分借りられる余裕が出来るとすぐに限度額いっぱいまで借りてしまうので一向に借金が減ることはありませんでした。夫にとってはお財布代わりになっていたんだと思います。

当然借金の返済に追われ生活が苦しくなってくるので何度もやめるように言ったのですが、私がお金のことを口にすると「また金の話か!」と逆ギレするばかりで話になりません。

三人の子どもがいる身でありながら、あまりにも無責任な態度に私も我慢の限界でした。

「離婚したい」と夫に言うと「離婚したければすればいい」という態度でした。お互いの家族が間に入り、「子どものことを考えて思い直して」と説得されましたが、まったく反省していない夫を見ると、やり直してもまた同じことの繰り返しだろうと思いました。

それでも今回だけはということで何とか元のさやに納まりはしましたが、今でも大きなわだかまりは残ったままです。

夫の家族からすべて私のせいのように言われたことは一生許せることはないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です